日本最南端の沖縄県は、広大な海域に点在する大小160の島々からなり、亜熱帯海洋性の温暖な気候に恵まれたこの地は、大部分の地域で、最寒月平均気温が18°C以上の熱帯に属する。

沖縄は本島をはじめ宮古諸島、八重山諸島と大小の島々が連なっていおり、島によって様々な顔を見せるのが特長。

美しいサンゴ礁をはじめさまざまな動植物が暮らす生態系の宝庫で、また、エメラルドグリーンに輝く澄みきった海や、島々を覆う豊かな常緑の森。 日常を忘れさせる絶景が山ほどあります。

 

 


沖縄の別荘一覧

年間気温
※宮古島

年最高気温

(7月)

年最低気温

(1月)

7月平均気温 1月平均気温 年間平均気温
31.6℃ 16.0℃ 28.7℃ 18.0℃ 23.6℃
特長

とにかく、海水浴やマリンスポーツの海のリゾート地で、海に関しては、なんでも揃っているイメージがある。

環境 亜熱帯海洋性気候のため1年を通じて暖かく、4月から海開きが始まり夏が長い。
アクセス 沖縄本島

飛行機:

羽田空港[東京]-那覇空港[那覇] 2時間30分

アクセス 宮古島

飛行機:

羽田空港[東京]-宮古島空港[宮古島] 3時間05分

アクセス 石垣島

飛行機:

羽田空港[東京]-新石垣空港[石垣島] 3時間15分


石垣島  

石垣島は東京から2000kmも離れたサンゴ礁に囲まれた島で、沖縄県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島である。

古くから開発が進んでおり、森林の面積は多くない。宮良川河口のマングローブは、国内最大の面積をもつ。

島の周辺は、日本の代表的なダイビングポイントの一つとして知られ、1年を通して多くのダイバーが訪れる場所となっている。2012年に実施された専門雑誌におけるアンケートでは日本国内部門において1位に選出された。

 


  宮古島

宮古群島は大小八つの島(宮古島、池間島、大神島、伊良部島、下地島、来間島、多良間島、水納島)からなり、宮古島が最も大きく、圏域の総面積の約70%を占め、群島の中心をなしています。

宮古島を訪れる観光客は年々増加の傾向をたどり、このような中で、大型リゾートホテルのほかにも、新しい観光施設等、観光関連施設整備は着実に進展しており、今後の滞在型観光への展望が開けつつあります。

島の北側の海域には、「八重干瀬(ヤビジ、ヤエビシ)」と呼ばれる、宮古島の面積の3分の1に及ぶ浅瀬が広がっており、珊瑚が群生する漁場・ダイビングスポットとなっている。


周辺施設
温泉 浦添の湯/シギラ黄金温泉/テルメヴィラ ちゅらーゆなど
ゴルフ場 本部グリーンパークゴルフクラブ/那覇ゴルフ倶楽部/宜野座カントリークラブ/パームヒルズゴルフリゾート/オーシャンリンクス宮古島/マエサトゴルフコースなど
レジャースポット 沖縄美(ちゅ)ら海水族館/おきなわワールド/OKINAWAフルーツらんど/ナゴパイナップルパークなど

沖縄の別荘一覧