南紀白浜は、古い時代から温泉地として有名である。

和歌山県南西部の海岸沿いに位置し、観光と農業を主たる産業としている。特に観光業は、夏の海では小さな熱帯魚と共に泳ぐこともできるなど年中を通じて温暖な気候で知られるほか、南紀白浜温泉(白浜温泉)や、椿温泉(古くから白浜温泉の奥座敷として知られる)など温泉が多くあり(旧日置川町内にもある)、年間を通じての集客を行っている。白良浜などの海水浴場付近を中心にリゾート施設や、企業や各種団体などの別荘・保養所が多数集まっている。


南紀白浜の別荘一覧

年間気温

年最高気温

(8月)

年最低気温

(1月)

8月平均気温 1月平均気温 年間平均気温
32.4℃ 2.6℃ 28.1℃ 6.0℃ 16.7℃
特長

海水浴や海に関するテーマパークの海のリゾート地である。

環境 四季を通じて温暖な気候で、降水量も少なく、いわゆる瀬戸内気候に属している。
アクセス

電車:


車:


飛行機:

東京駅(JR東海道新幹線)-新大阪駅(特急くろしお)-白浜駅 5時間5分

東名・東京IC-東名・豊田JCT(伊勢湾岸道)-四日市JCT-亀山JCT(名神高速・阪和道など)-南紀田辺 6時間55分

羽田空港-南紀白浜空港 1時間15分


白良浜  

白良浜(しららはま)は、和歌山県西牟婁郡白浜町の鉛山湾沿岸に位置する砂浜で、石英の砂からなる白い浜辺で知られる。2006年環境省による快水浴場百選のほか、1996年に日本の渚百選に選定された。2000年にはホノルル市でワイキキビーチとの友好姉妹浜(Goodwill Beach City Relationship)提携を結ぶ調印式が行われた。




  アドベンチャーワールド

アドベンチャーワールドは、和歌山県西牟婁郡白浜町にある動物園、水族館、遊園地が一体になったテーマパークである。

園内には数々の施設があるが、ジャイアントパンダの飼育展示、広大な敷地に放し飼いにされた動物たちの中をケニア号が進むサファリツアー、イルカ、クジラ、アシカショーなど、自然界を代表する動物が総覧できるパークは日本でもここだけである。



周辺施設
温泉 白良湯/牟婁(むろ)の湯/崎の湯/長生の湯/松の湯など
ゴルフ場 白浜ビーチゴルフ倶楽部/朝日ゴルフクラブ白浜コース/白浜ゴルフ倶楽部など
レジャースポット アドベンチャーワールド/白浜海中展望塔など

南紀白浜の別荘一覧