ゴールドコーストは、オーストラリア・クイーンズランド州南東部にある都市で、オーストラリア最大の観光保養地として世界的に有名。

高齢者向けの保養施設やコンドミニアム等があり、日本人滞在者も多い。

市の東部は海岸線が北から南まで約57kmにわたって広がっており、オーストラリアでも非常に人気のあるサーフポイントがいくつかある。


ゴールドコーストの物件一覧

年間気温

年最高気温

(5月)

年最低気温

(1月)

1月平均最高気温 7月平均最低気温 年間平均気温
28.9℃ 9.8℃ 20.1℃
特長

ビーチリゾートやテーマパークの充実など、海外永住先として人気がある。

環境 ゴールドコーストは、亜熱帯性気候に属し、年間を通して温暖な気候に恵まれ、オーストラリアの中でも、もっともすごし易い街と言える。ゴールドコーストというと、1年中泳げるようなイメージを一般的にもたれるが、実際には冬場は海で泳げないので注意。ホテルのプールはたいてい、冬場には温水になっているので、若干寒くはあるが、泳ぐことができる。ただし、やはりゴールドコーストのイメージは、さんさんと降り注ぐ太陽、というイメージなので、ベストシーズンは10-3月の夏場になる。
アクセス 東京

飛行機:

成田空港[東京]-ゴールドコースト空港[ゴールドコースト]
9時間00分
アクセス 大阪 飛行機: 関西国際空港[大阪]-ゴールドコースト空港[ゴールドコースト]
9時間05分


サーファーズパラダイス  

5kmにわたる遠浅の浜辺は文字どおり“サーファーズ パラダイス”。
きらきら輝く柔らかな砂のビーチが広がり、波乗り、フリスビー、日光浴などを楽しむのにぴったり。 サーファーズ パラダイスには 150 軒ものレストランやカフェが建ち並びます。





  スプリングブルック国立公園

スプリングブルック国立公園はオーストラリア・クイーンズランド州にある国立公園の一つ。ブリスベンから南へ100km、ゴールドコーストから西へ21kmから30kmほどの地域にある。

1994年にユネスコの世界遺産に登録され、オーストラリアのゴンドワナ多雨林群(自然遺産)に拡大登録された。

画像はナチュラルブリッジだが、ナチュラル・ブリッジの名が示すとおり、風化によってできた自然の橋である。

スプリングブルック高原地区やナチュラル・ブリッジ地区が観光客に人気が高く、ブリスベンやゴールドコーストから多数のツアーが実施されている。夜間もナチュラル・ブリッジの土ボタルの観察ツアーが実施されている。


ウェットンワイルド・ウォーターワールド  

ウェットンワイルド・ウォーターワールドは、ゴールドコーストで人気のあるテーマパークの1つで、水をテーマにしたプールのテーマパークとなっています。日本ではなかなかお目にかかれない、迫力のウォータースライダーがたくさんあり子供から大人までお楽しみ頂けます。




周辺施設
ゴルフ場 ロイヤルパインズ/サンクチュアリーコーブ パームスコース/ホープアイランド/レイクランズ/ゲインズボローなど
レジャースポット ムービーワールド/シーワールド/ドリームワールド/ウエットン・ワイルド・ウォーターワールド/カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリなど

ゴールドコーストの物件一覧